受験英語ではなく英会話のための学習方法を一から学ぼう

英語を話すことができない人は、どんな勉強方法を行っていけばいいのか、その良し悪しを知るのは難しいことです。特に日本人は話すことを前提とした英会話よりも、受験などに必要なテストでいい点数を取るための勉強を始めるほうが先のことが多いので、中途半端に身につけた英単語の知識や英文法がネックになって、問いに対して紙面で解答することができても肝心の会話が困難だというかたが少なくありません。

改めて英会話を学ぼうとしても習得に時間がかかってしまうのは、学校で勉強した学習方法をなぞって勉強していこうとしてしまうケースが多いためです。英語で意思疎通ができるようになることは、そう難しいことではありません。

ですが、無意識に頭の中でこれは主語、これは目的語、と文法を整えてから言葉に出そうとしたり、発音を気にしてなかなか会話にならないというかたばかりです。日本語もそうですが、どちらも何となくのニュアンスで伝わるものですし、初心者は学校で習った英語の勉強方法はひとまず置いておいて、相手とコミュニケーションを取るための英語を知っていく必要があります。

リスニングをしてすぐにスピーキング、これを瞬時に行えるように頭を作り変える勉強方法を知ることが大切です。その段階で日本語とは異なる文法の必要性がだんだんとわかってきますし、意思を伝えるための単語の習得もしていこうと考えることができるようになります。

そういった効果のある勉強法こそ初心者のうちに知っておくことで、無理なくスムーズに英語ができるようになっていきます。本サイトではそんな初心者が知っておくべき英会話学習ステップに関するアドバイスをまとめています。

※初心者が知っておくべき、みんなが選んだ英会話教材ランキングベスト10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加